2007年08月22日

住宅 保証機構


輸入住宅とは、海外の設計思想に基づいた住宅であり、その国の工法を採用し、建築資材の多くもその国から輸入して建てられた住宅のことです。


ただし、間取りやデザインなどは、ほとんどの場合、日本の事情や生活に合わせてアレンジされており、海外の住宅そのものではありません。実際、“和室”のある輸入住宅も多く存在しています。


輸入住宅は、外観・デザインに優れているものが多く、また自然環境の厳しい北米や北欧の設計思想が取り入れられているため、気密性、断熱性、遮音性、耐震性、耐久性、耐火性に優れているといわれています。


木材をふんだんに使っているというのも、輸入住宅の特徴です。なお、建築部材の輸入先は北米(カナダ・アメリカ)がもっとも多く、スウェーデンやフィンランドなどがそれに続いています。


夫が保証人 浮気 
夫が保証人 浮気 昨年亡くなった義父の会社の役員をしていた夫は10年以上前に義父の会社の保証人になりましたが替わって代表になった義母70歳は夫の意向もあり(父の経営も不安定で私たちも子供が3人いるので余裕が無く夫個人も返済はできません)昨年から支払いをしていません。遅延利息だけで億を超えていて(亡義父も数年支払いをしていませんでした)最近保証機構から内容証明が届き期日までに支払いを開始しないと法的手段に出る旨のことが書かれていました。給料は手取り30万住宅ローン15万子供3人・自宅は共有名義・土地は借地です。おまけに最近夫の浮気がわかりましたが私との性格が合わないことがきっかけだと責められ今日から夫は義母の家で暮らすそうです。色々なことがあり気持ちがまとまりません。まず何から対処したらいいのかわかりませんが自宅を私の名義にする方法はないでしょうか?(これは夫も希望しています)他にもご助言あればお願いします。(続きを読む)




雨漏りの常識・非常識:透湿防水シートの上下を逆に張り下地板が腐食
下の写真は、住宅保証機構の保証事故例だ。開口部の下隅から雨水が浸入して、下地板が腐ってしまった。建築時に、外壁の下地に張る透湿防水シートを上下逆に重ねてしまったことが、漏水の原因だ。透湿防水シートは本来、垂直方向で上方のシートが下方の ...(続きを読む)




posted by 住宅てなに at 09:25 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。