2007年08月22日

住宅 性能 評価


住宅リフォームとは、主に現在居住している住宅の増改築や改装・修繕などを指す言葉です。


住宅リフォームの具体例としては、子供部屋の増築、外壁の張り替え、住宅設備の交換(トイレを水洗にする、キッチンや浴室を作り替えるなど)、耐震補強、省エネ化(断熱材を入れるなど)、バリアフリー対応化、雨漏りの補修などがあります。


築年の古い住宅でも、住宅リフォーム工事によって、外見も中身も魅力的に作り替えることができます。


住宅リフォームのメリットとしては、すべてをゼロから作り上げる新築と違い、今住んでいる住宅を活かすことができるので、コストが大幅に安くてすむということがあげられます。


また、長年居住してきた愛着のある家を壊さなくてすむというのも、大きなメリットの一つです。


マンション建設現場見学って
マンション建設現場見学って先日、購入予定のマンションの建設現場を見学してきました。販売会社が企画して、購入予定者を建築現場に案内するというものです。参加者に設計図を渡して「今から柱の鉄筋の数を数えます。1,2,3,・・・。ほら、設計図通りでしょ?」とやってました。他の参加者は嬉しそうに頷いてましたが、私の質問で案内係や現場の人の表情が凍り付きました。「そもそもこの設計図は信頼できる物なんですか?」その場はスルーされ、あとで設計者のサインの入った証明書を見せるといわれましたがそれきり連絡はありません。もちろん、この会社が販売しているマンションはキャンセルしましたが、このような見学会は最近増えているらしいです。その参加者たちは設計図を読めたり、建築の本質が理解できたりするのでしょうか?業者に言われるがままに流され、見れただけで満足しているのでは?かえって、「見学会したんだから今さら文句言うな。自己責任だ。」となりそうで嫌です。他の会社のことも知りたいので、参加したことのある方の感想もお待ちしてます。(続きを読む)




住宅の性能評価−その3−
ところで、先程「設計住宅性能評価」について簡単に触れましたが、たとえば、性能について満足のいく設計ができたとしましょう。希望どおりの内容で「設計住宅性能評価書」が交付され、この評価書と設計図を元に住宅の売買契約をするものとします。 ...(続きを読む)




posted by 住宅てなに at 19:22 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。