2007年10月08日

昭和 住宅


マンション管理士は、増え続けるマンションに対応するために平成13年に国家資格として誕生しました。


マンションを建てると、マンションの管理組合に加入する必要があります。

マンション管理士は、管理組合の加入者に対して、組合の運営、居住者とのトラブル全般のコンサルタントを行います。


ここ半世紀で急激に増加してきたマンションは、築年数が10年、20年を超えるものが半分以上を占め、居住者の増加に伴うトラブルの多様性、建物の老朽化による資産価値の低下が心配されています。


マンション管理士は、トラブルの対処、マンションの修繕計画などについて法律に基づく専門的な知識を持ち、マンションの入居者や管理者に対して、適切なアドバイスができる専門職として注目を集めています。



『美しい国』…ピントきません。『美しい国』とはみなさん自身、何だと思いますか?総...
『美しい国』…ピントきません。『美しい国』とはみなさん自身、何だと思いますか?総理の意図する『美しい国』は何だと思いますか?興味深い回答に、チップを贈呈します。(続きを読む)



渋谷の住宅 変遷追う 区郷土博物館文学館特別展 明治以降の洋風建築
東京新聞
明治以降の渋谷区内の住宅の歴史を紹介する特別展「住まいからみた近・現代の渋谷」が、渋谷区郷土博物館・文学館で開かれている。十二月二十四日まで。 (松村裕子) 同区は大正以降、都心へ通勤する高学歴、高収入のサラリーマンの住宅地として発展した。大正、昭和初期 ...(続きを読む)



今月、年度決済月
遂に今月は昭和住宅創立五十周年、決算月です。 今までご案内させて頂いております、L姫路飾磨残り2邸、L東加古川シティーウエスト2邸、L明日都つつじ野・L明石サウスフィールド後わずかとなっております。 お住まいをお考えの方、お急ぎ下さい。 ...(続きを読む)



タグ:昭和 住宅

posted by 住宅てなに at 13:47 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。