2007年10月08日

省エネ 住宅


マンションを購入するときに外せないポイントは、自分の足で交通の便を確認すること、建築基準法について知っておくこと、マンションの一般的な間取りを把握しておくことなどが挙げられます。


マンション購入は、一生の住みかにも、資産にもなります。


中古マンションを購入する場合のメリットは、実物を確認できること、新築に比べると4〜5割ほども安く購入できることなどが挙げられます。


中古マンション購入のポイントは、立地条件や築年数による価格の相場を把握することです。


古く、都心から遠いマンションほど安くなっていきます。


マンションを中古で購入する場合は、新築に比べて、諸費用が高くつくことがあります。


購入時の軽減制度が効かない、税金が高くなる、仲介手数料が必要、ローンの利用制限や返済年数制限などのポイントを押さえて、マンション購入を計画するようにしましょう。


京都議定書にもかかわらず、なぜ日本の排出量は基準年より8%増してしまったのです...
京都議定書にもかかわらず、なぜ日本の排出量は基準年より8%増してしまったのですか?早急にお願いします。できるだけ詳しくお願いします(続きを読む)



建築の省エネは国内の油田開発と同じ意味をもつ
nikkei BPnet
坂本雄三東京大学大学院教授(以下敬称略): 家庭部門の省エネを進めるうえでは、家庭のエネルギー消費量の3分の2を占める暖房と給湯の効率をいかに高めるかが、住宅の断熱性能向上の次に重要です。その点で、いま、ヒートポンプが大変な注目を集めています。 ...(続きを読む)



中間検査
先日、南野の現場の中間検査がありました。 この中間検査は、上棟後2週間くらいしてから行われるもので、10年保証の検査会社が筋交いがちゃんと入っているか、接合金物がちゃんと取り付けられているか、また、基礎の強度などをチェックします。 ...(続きを読む)




posted by 住宅てなに at 19:13 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。