2007年12月14日

住宅 公団


マンション管理士は、増え続けるマンションに対応するために平成13年に国家資格として誕生しました。


マンションを建てると、マンションの管理組合に加入する必要があります。

マンション管理士は、管理組合の加入者に対して、組合の運営、居住者とのトラブル全般のコンサルタントを行います。


ここ半世紀で急激に増加してきたマンションは、築年数が10年、20年を超えるものが半分以上を占め、居住者の増加に伴うトラブルの多様性、建物の老朽化による資産価値の低下が心配されています。


マンション管理士は、トラブルの対処、マンションの修繕計画などについて法律に基づく専門的な知識を持ち、マンションの入居者や管理者に対して、適切なアドバイスができる専門職として注目を集めています。



生活保護を受けている人
生活保護を受けている人44歳男性。実家の家業を手伝っていましたが5年前倒産し父親は失踪、借金は家などを売って生産。男性は倒産してからは働いていません。独身で自分の母親(無職で年金受給者)と公団住宅で暮らしています。本人曰く就職する気持ちは無いということです。こう言うニートも申請すれば生活保護を受けられるのでしょうか。よろしくお願いします。会話していて自分のことを棚にあげた発言があり、生活苦でも働いて納税している者にとっては腹が立つ発言だったので、ここで聞きたくなりました。最近は最初から年金未納の上、生活保護を当てにする人がいるそうで、困ったものです。(続きを読む)



UR(都市再生機構)は温存させるべきなのか?
イザ
URは都市再開発や賃貸住宅の管理などを行う国交省最大の「箱物利権組織」でそもそもの始まりは日本住宅公団。80年代には解消されて役割が終わったのにもかかわらず81年 ...(続きを読む)



独立行政法人の見直し(財務戦略/村藤)
例えば、公共事業執行型の独立行政法人のひとつである都市再生機構というのは、昔あった住宅公団が、 住都機構だとか、都市基盤整備公団だとか、 だんだん名前を変えていった結果、 現在では都市再生機構UR(アーバンルネッサンス) という名前に ...(続きを読む)



タグ:住宅 公団

posted by 住宅てなに at 08:39 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。