2007年12月15日

住宅 京都


マンション管理士は、マンションの入居者や管理組合に対して適切なアドバイスができる専門職です。


平成13年に初めての試験が行われ、20代から60代までの幅広い年代に渡り、10万人近くが受験しました。合格率は7.4%と、非常に難易度が高い試験のようです。


マンション管理の仕組みは、マンションを管理する組合があり、そこに勤務して運営管理業務を代行する「管理業務主任者」(社団法人構想住宅管理業教会)。マンションの管理や資産価値の維持、ユーザーとのトラブルについての助言など組合に対してコンサルタントを行う「マンション管理士」(国家資格)などがあります。


マンション管理士の資格を取るには、年に一度行われる試験に、書類と受験手数料を添えて郵送で申し込み、主要都市で行われる会場で受験することになります。


マンションの分譲、仲介業者、管理業者を目指すなら就職に非常に有利な資格となり、建築士や行政書士を目指す場合も、マンション管理士の資格があると、より広い顧客の法律相談に対応することができるでしょう。


地球温暖化のメカニズムについて、貴方のありったけの科学的な知識を書いてくださ...
地球温暖化のメカニズムについて、貴方のありったけの科学的な知識を書いてください。^^;テーマの例としては、海水面上昇の嘘と本当 ・南極の氷について ・北極の氷について ・水の温度膨張CO2の吸収と放出 ・海、真水、雲・・・・ ・植物 ・珊瑚砂漠化 ・気候変動 ・食肉 ・低開発国の焼畑、過剰放牧 ・政治&経済問題 ・太陽光線の反射率森林(植林) ・効果(時間的要素・・・・) ・限界 ・樹木の利用と温暖化 ・太陽光線の吸収部分的寒冷化 ・深層海流の変化によるヨーロッパの氷河期化 ・他温暖化物質 ・様々なC(炭素)を含むガス ・水蒸気 ・雲、スモッグバイオエタノール燃料の嘘と本当 ・素材 ・飢餓&経済的格差、経済&政治的陰謀説 ・運搬のエネルギーコスト ・気化したエタノールの温暖化ガスとしての効果、分解速度 ・燃料電池への応用バイオガス(メタン等) ・セルロース化の容易さ(経済、温暖化防止としてのコスト) ・排出熱、CO2 ・燃料電池への応用自然エネルギー利用の危険性と有用性 ・太陽光 ・潮汐発電 ・風力発電 ・地熱発電 ・海洋温度差発電発電電気効率から見た電気エネルギー ・設備投資、設備負荷(対温暖化) ・新たな化石燃料(メタンハイドレート等) ・核融合、分裂 ・高効率化の限界各種温暖化抑制運動の嘘と本当 ・労働時間帯 ・国際間DC送電網 ・庶民運動(プラスティック製品の回収、不使用・・・・) ・ゴミ焼却 ・エコ住宅、オフィス京都議定書関連 ・経緯 ・現状 ・陰謀説 ・各国の思惑 ・日本の役割 ・今後の予想熱害問題 ・太陽光発電衛星 ・高速増殖炉 ・核融合炉人口問題 ・エネルギー消費から見た人と動物(象) ・半強制避妊 ・飢餓、非衛生状態の放置 ・教育 ・所得と子供の数まあこんなもんですかねぇ^^;忘れている観点もどんどん遠慮なく突っ込んでください^^最後に、この質問は↓から派生しましたhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/answer.php?qid=1012894260&anum=41027035&mod=1 (続きを読む)



省エネ法改正で2000m2未満の住宅も規制強化へ
新建ハウジング
京都議定書目標達成計画の見直しで、環境省と経済産業省の諮問機関は12月14日、省エネ法改正による規制の強化などの追加対策・施策を盛り込んだ最終報告素案を大筋で ...(続きを読む)



メリット通信2007年11月号
ありがとうございました。 朝晩、マンションの温度差を経験するたび、サッシ全部に内窓付けて、ガラス部分の熱損失を少なくして、壁と床の断熱材を強化して、蓄熱暖房機を取付けて、など温度バリアフリー住宅に憧れる今日この頃です。 ...(続きを読む)



タグ:住宅 京都

posted by 住宅てなに at 02:24 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。