2007年12月16日

省エネ 住宅


住宅選びのポイントは、立地・デザイン・価格・設備・間取り等いろいろあります。


まずは立地環境の確認から始めましょう。必要なものが近くにあるか、逆にあってほしくないものが近くにないか。


例えば、小さな子供がいたら、学校が近くにある方が便利です。一方、工場やゴミ焼却場、車の通りの多い幹線道路などが近くにあると、健康を害することになりかねません。


住宅選びのポイントとして次にチェックしたいのは、地盤。地盤の確認のためには、建売住宅の場合、「地盤調査報告書」を建築業者に提出してもらうようにします。万一、業者がこれを提出してこなかった場合、その物件には手を出さない方が無難です。


住宅そのものに関しては、家族構成やライフスタイルに合わせて、どんな建物・間取りがよいかよく検討し、自分たちに適したものを選ぶことが大切です。



京都議定書にもかかわらず、なぜ日本の排出量は基準年より8%増してしまったのです...
京都議定書にもかかわらず、なぜ日本の排出量は基準年より8%増してしまったのですか?早急にお願いします。できるだけ詳しくお願いします(続きを読む)



省エネ住宅改修で税優遇・自民税調方針
日本経済新聞
自民党税制調査会(津島雄二会長)は11日、住宅の省エネを促すため改修費用の一部を税優遇する「住宅の省エネ改修促進税制」を2008年度に創設する方針を固めた。 ...(続きを読む)



ほんとに怖い!地球温暖化?
それでなくとも、高気密・高断熱・地中熱利用などエコ住宅化する事によってのコストアップが頭を痛めているのに・・・・ 消費者から支持がいただけるものだろうか??? しかし、近い将来、省エネルギー化されたエコ住宅しか建物建築が認められなくなる事 ...(続きを読む)




posted by 住宅てなに at 05:02 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。