2007年12月16日

公営 住宅


学生マンションとは、自宅から離れ、学校の近くで一人暮らしする学生が住むマンションです。


学生向けの部屋探しは、学生マンション、学生会館、学生寮、一般物件、マンスリーマンション、ウィークリーマンション、女子専用物件、男子専用物件などがあります。


学生マンションは、マンションの中でも、入居者を学生に限定していて、オートロックなどセキュリティ面でも優れたサービスを提供していることが多く、学生寮と違って門限もないため、安全で自由な学生生活を送ることができます。


志望校が家から遠い場合は、その学校に近いエリアで学生マンションを探し、長い学生生活を学校の近くで便利に過ごすことを考えてみましょう。


住宅ローン返済破綻する前に任意売却したい
住宅ローン返済破綻する前に任意売却したい現在52歳のサラリーマン(妻と子供2人の4人家族)です。失業&再就職後の収入減(税込み450〜500万円)と家族の医療費・教育費等の支出増(600〜700万円)による赤字収支が続いています。12年前に購入した自宅マンション(3LDK)の住宅ローン返済が困難となりました。貯蓄残高も急速に減りつつあるので、1年後くらいを目途に任意売却を考えています。・12年前、購入額 2250万円(公庫35年ゆとりローン)・5年前、地銀行ローンに借り換え(22年、変動金利、年支払い120万円、終了時69歳)・現在、ローン残高 1650万円(抵当権は銀行のみ、連帯保証は銀行系列の保証会社)・予想時価 800〜900万円☆私の希望としては任意売却後の残債務の支払いを月1万円程度にして、家賃5万円程度の公営・UR住宅に移り住みたい。インターネットや書籍類(以下「情報」)で任意売却を含めて住宅ローン返済破綻時の対策(個人再生法、競売、自己破産)を調べていますが、基本的なところで疑問点/不明点が色々と出てきました。(1)そもそも銀行は任意売却を認めるのか?(2)「情報」では任意売却を決断したら、まず銀行に通告した後6ヶ月間は支払いを止めて意図的にトラブルを起こす事としていますが、そんな事をして本当に大丈夫?(3)「情報」では銀行にとっても競売よりも任意売却の方が得策であるとしていますが、その前に保証会社に残債を一括支払いして貰えば、銀行は損しないのではないか?(4)保証会社に代位弁済される前に銀行と任意売却の交渉を行うことは、銀行にとってどんなメリットがあるのか?(5)任意売却できたとしても残債務が800〜900万円(場合によっては1000万円近く)残ると予想しますが、その支払い交渉の相手は誰?(銀行?サービサー?保証会社?)(6)「情報」では支払い停止してから売却完了までの余剰金を、売却後の資金として貯める事を勧めていますが、そんな事が本当に可能なのか?(7)「情報」では最悪競売となっても、支払い停止してから住居退去するまで1年半くらいはそのまま住み続けられるし残債務も実質償却されるとしていますが、それは本当か?(8)そもそも巷に溢れる「情報」は、ガン治療に効くと言う健康食品や免疫療法に似て、本当に信用できるのか?(9)「情報」に従って悪徳コンサルの餌食となって、結局残債務の支払いに苦しむ結果に終わる心配は?(10)私の希望を叶えてくれるコンサル探しは可能でしょうか?可能としたらその方法は?(続きを読む)



公営住宅の暴力団排除措置、都道府県と政令市で約7割実施 国交省
朝日新聞
国土交通省は12月13日、「公営住宅における暴力団排除の実施状況」を発表した。 それによると、「公営住宅から暴力団を排除するための措置」の実施状況は、都 ...(続きを読む)



能登・中越沖地震雑感 46
「支えあいの足し算」というのは、事前の住宅共済制度や各種保険の加入促進、住宅耐震化による全壊あるいは大規模半壊の大幅な減少、その上に仮設住宅や公営住宅の必要性の最小化などなど総合的な法体系の見直しも含めて試算していくものです。 ...(続きを読む)



タグ:公営 住宅

posted by 住宅てなに at 16:57 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。